広島生まれ滋賀在住。   『毎日Enjoy!』をモットーに日々笑顔で過ごそうと心がけてる、ぐ~たら主婦&おおらか母の【今日のできごと】 (KAT-TUN亀梨和也によって第二の青春謳歌中!)


by takagame
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リラックスタイム

b0100510_23281344.jpg

最近の癒やしタイムは、ゆっくりバスタイム。
お誕生日にいただいた『ラッシュ』のボディソープがアロマ効果素晴らしく♪
お風呂に一歩入っただけで(風呂掃除でも)幸せ気分〜(´∀`)
そんな中で、髪のトリートメントと、美白パックをするのがブーム(?)です。
[PR]
by takagame | 2011-06-20 23:28

ついつい手がでる

b0100510_21231414.jpg

オタクとかマニアとかとはまた違うかもしれないけど、かわいいものに巡り会うとたまらなく欲しくなるものってのが人それぞれあります。
先日実家で姉が赤子にミルクを作るため、カバンから取り出した水筒。
水色でかわいいの♪
数日前に購入したおNewだとか。
姉はかわいいポットやお弁当箱なんかを見るとついつい買いたくて仕方ない衝動に駆られる、らしい。
しかも家族みんなイロチでオソロ…みたいな。
わかるよ、『絶対かわいい!』と思うとその欲望は抑えられないんだよね。

私が『買いたくて仕方ない衝動』に駆られるのは…食器。
特にマグカップ!
かわいいの見つけるとノドから手が出そうなのを、必死で飲み込む。
実は今日も見つちゃって、せめて3つは欲しい!って感じで色違いのお揃いがすんごく欲しかったんだけど、3千円が出せなかった…(;_;)

こうやって色んな『欲』と闘うのね。。。
あ~でも欲しいな、あのマグカップ!
2週間たっても忘れられなかったら買おうかな~(^~^)
[PR]
by takagame | 2008-04-09 21:23 | どっちでもないタイム

ランチ会

b0100510_16124275.jpg
主婦3人。
今日は少し早めに家を出て、雑貨屋さんに立ち寄りました。
「noriaki」

子供がいないと雑貨に囲まれてゆっくり過ごすことができる~。



b0100510_1721660.jpg
私が買ったのはしょうゆ差し(780円)と
グラニュー糖を入れるための瓶(320円)、
その上に置くレース編み(300円)



b0100510_1701599.jpgそうこうしてたら、あっという間にお昼前。
いつも満席で並ぶと聞いてたので11時半には到着。

箸で食べる和風パスタで人気のある【雫屋】
ランチコースで、サラダ&豆乳スープ&パスタ選んだのは「京生麩とシメジとベーコンの醤油風味パスタ」)

生麩美味しい~♪

b0100510_1705212.jpg
デザート3種、ほうじ茶のブランマンジェ&はちみつのかかったアイス&選べるデザート(私はわらびもち)&ドリンク(和で攻めたので抹茶で!)

美味しいもの食べて笑ってたら、何もかも忘れちゃうね☆




↑でもやっぱりパスタはフォークで。
[PR]
by takagame | 2006-11-28 15:47 | 美味しいタイム

サンタがもう一人。

b0100510_15184760.jpg昨日の荷物に何気なく入ってたこのスノーマン。
もこもこで可愛いの!
手袋も編んでんの!
姉がうちに似合いそうだとプレゼントしてくれました。



b0100510_15293793.jpg
お店に残ってたとみられるstudio M'の食器も一緒に。

雑貨好きには、たまらんです。v(*^^*)v
[PR]
by takagame | 2006-11-17 15:32 | どっちでもないタイム

私好み

b0100510_2328093.jpg

いつもの愛用かばん。

季節ごとにはかえるけど、
頻繁に洋服に合わせてかえる…
ことなど滅多にない、無精者。
ので、まぁカジュアルファッションに合わせやすい無難なものが多く、
そして…似たようなものが集まります。

今回、姉が私に買っておいてくれた布バッグ。
一目見て気に入りました。
こうして見ると私の好みって、
偏っててわかりやすい。。。
[PR]
by takagame | 2006-07-24 23:28 | どっちでもないタイム

愛情かばん

夏になると何かと出番の多い、布バッグ。

我が家の古布バッグ。
b0100510_21105466.jpg私の母と姉は着物好き。
よって、古布好き。
気に入った古い着物をほどいては、新しい物に生まれ変わらせて愛用してます。
私はそのおこぼれを頂いてます(^^ゞ


以前、母と姉と骨董市へ行き、食器や着物を見てたとき
一着の産着に釘付けになった。
それは、たくさんの端切れで繕われた着物で、
もとの生地がほとんど見えないくらい様々な当て布でにぎやかだった。
それを見た姉が一言。
『きっと貧しくって破れるたびに修繕して着てたんだろうね。こういうの見てたら涙が出そう』

正直私はそれまで、「古布」というものは誰が着てた物かわからないし、と
あまりいいイメージではなかったんですが・・・
実家に帰るたび、古い着物を見ながら
「すごくいい柄だね」
「大事に着てたんだろうね」
「いい物なのに大切に終ってなかったんだね、もったいないね」・・・母と姉の会話を聞くたびに、誰かに愛され続けた物、代々受け継がれてきた物に愛情の深さを感じるようになって。。。

さらにカバンになるまでには、
カバンにしたいと思った人、着物をほどいた人、カバンを縫った人。
たくさんの人の愛情がたっぷり詰まってます!

愛おしいかばんたち。
私も、愛情持って大切に使っていこう。
[PR]
by takagame | 2006-07-14 21:57 | どっちでもないタイム