広島生まれ滋賀在住。   『毎日Enjoy!』をモットーに日々笑顔で過ごそうと心がけてる、ぐ~たら主婦&おおらか母の【今日のできごと】 (KAT-TUN亀梨和也によって第二の青春謳歌中!)


by takagame
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:テレビ番組 ( 46 ) タグの人気記事

回想

b0100510_1502790.jpg

『人間、何を好きになってもいいんだよ』(ドラマ「Q10」より)

アイドル、二次元の世界、電柱、鉄塔…。
他人にはなかなか理解してもらえない「好きなもの」。

でも、この世に引き留めるものがそんなささやかなことだったりする。
『そういうことがあるから明日も生きていこうって思えるんじゃないかな』

【ダラダラした日常に
突然キラキラしたものが現れる
俺たちはそのキラキラしたものをつかむのにいつも必死で
もしそいつを一瞬だけでもつかまえることができたら
またどうでもいい教室に戻っていけるのに】


木皿泉脚本の学園ドラマ…のようでメッセージ性の強い人間ドラマ。
プロデューサーも同じとあって
【野ぶた。をプロデュース】が重なってみえます。
核心をつく先生の一言、下町の一軒家、陽気な家族、オトナになった時の切なさを伝えてくれる父、主人公(佐藤健くん)のナレーション・牛乳パック(修二はコーヒー牛乳)・セリフ・リアクションのひとつをとっても…。
2話では
・屋上シーンや
・デート後の『今日は楽しかったです』
・「その人」に出会えた『奇跡』
なんてまさに彷彿とさせるものもありましたね。
ラストの『アイドルって奥が深いな〜』のセリフにはちょっと笑ってしまいました。

これは最後まで見れそうなドラマかも。(違う意味で?苦笑)
[PR]
by takagame | 2010-10-24 15:00 | 亀タイム

サービス業

今日の「スタジオパーク」は映画監督の三池崇史氏。

『僕らはサービス業。
みんな楽しいことを求めてる。
それを提供するのが僕らの仕事だから…。』

自分たちが楽しまなければ楽しめるものは作れない。
もちろん楽しいことばかりではないけど、みんなに楽しんでもらうために努力して頑張る。

仕事はきたもん順に受ける。
断る理由がない。
疑問に思う時でも、自分の所にきたのには理由があるはずだと思う。
目の前にあることをこなしていくだけ。
そうやってきたら映画監督にたどり着いていた。

常にフラットな状態で目の前の仕事に取り組む姿勢がステキ。
仕事として取り組むんだけど、自分が楽しんでて、リスキーなことも決してそう思ってない発想が素晴らしいな。


ふと先週ラジオで聴いたことを思い出しました。
サザンの特集をやってて、DJ(ダイノジ)が言うには、「アーティストは大抵、7割自分のやりたいこと3割ファンの求めてることをし、その逆3割自分7割ファンのためって人もいるけど、サザンの桑田さんは100%ファンのためにやってるらしい」

好きな曲やものを作って有名になり、ファンがついてそれが仕事になれば、やはりファンの求めてることに応えていくのは必要なことだと私は思います。
全てがそうでなくてはいけないとは思わないけどね。

以前、好きなミュージシャンが「自分たちがやりたいことは好きな曲を作ることであって××(プロモ関係)ではない」って言ってたのを聞いて、確かにその人たちの楽曲は好きだけど、その人の魅力は半減した記憶があります。
ま、その人たち若かったんだけど。

「100%ファンのために」
「サービス業だから」
自分のやりたいことを、そう思って楽しんでできる人がプロなんじゃないかな、と思ったりしました。
[PR]
by takagame | 2010-09-28 23:31 | どっちでもないタイム

「需要」と「供給」

b0100510_18202540.jpg
月曜は週に一度仕事を休んで骨盤体操。
今朝起きたら、まだ喉痛と鼻がヤな感じだったのでお休みしました。
コンタクト買いに行こうか、耳鼻科に行こうかと悩みながら、午前中にHDD整理。
先週の『ミュージックフェア~東方神起特集』をディスクに落としながら、ふと感じること。

番組(過去映像)を見ていて、素晴らしいダンスと綺麗な歌声にため息が出るほど。
「今日本で一番踊って歌えるミュージシャン」と言われるだけある。
そこまでは良かったんだけど、トーク部分のみんなが楽しそうに話してる場面を見ちゃうと急に胸が痛くなってしまって・・・。
ジェジュンとユノがすごく嬉しそうに話してる場面、今見ると、、、ほんとに幸せそうで、、、(;_;)
きっとファンは見るの辛いんじゃないかなぁ・・・って思いました。
新曲、アルバムも出て、PVも見れるし、雑誌にもたくさん出てるけど、きっとそれだけではファンの気持ちは満たされない。
本当にファンが望んでいるのはそんなことじゃないと思うから。

(昔話になりますが)
まさに06年の私の心境。
この時期私を救ったのは、デビュー前の映像でした。
(もうこれしか見たくない時期もあったし)
デビュー前、ファンになりたての私は動くカツンがすごく見たくて、発売されてるDVDや過去映像5年分にどっぷり浸り、ヲタ街道まっしぐら。
今のように動画サイトもないし、発売されてるDVDや番組映像も多くなく、「今」のカツンが見れない状況。
そんな時期に見た過去のカツン(特に04年少クラ)が06年の私を救ってくれたんだよね。
みんながむしゃらに踊って歌って、デビューを目指して頑張ってた。
贅沢に慣れると今の幸せに麻痺しちゃうのも現実で。。。
07年、新しいKAT-TUNとして再スタートを切った時には、ファンの気持ちを受け止めとめてくれたような気がしたよ。

東方神起ファンは、この先の不安に打ち勝とうと、それぞれがいろんなことを心の支えにしてるんだろうな。
いつか心から喜べる結果が舞い込んでくることを祈ってます☆彡
[PR]
by takagame | 2010-03-08 18:20 | 亀タイム

五輪

始まる前から注目されてる種目でワイワイ言ってましたけど、始まってみたら自分が一番ハマってるのは、、、
カーリング女子。
イギリスに勝った時は興奮しました(´∀`)

その場の状況によって作戦を立て、その狙い通りのスーパーショットが出たときには思わずこっちも鳥肌!
真剣な選手の顔が輝いててすごく素敵です☆
目指せ決勝リーグ!!!
[PR]
by takagame | 2010-02-22 18:35 | どっちでもないタイム

マイケル週間?

b0100510_1815656.jpg
夜更かしできたので、今頃になってHDDに残ってた11/23放送「SMAP×SMAP」マイケルジャクソン特集を見てました。
映画を観てなかったら感じ方も違うんでしょうけど、観ちゃったもんで最後には泣いてましたよ(^^;)
中居さんの目がキラキラしてて、まるで憧れの人に会えた少年のようでした。
『マイケルを好きでよかった』
マイケルに涙したって言うより、中居さんに涙しました。
[PR]
by takagame | 2009-12-02 01:59 | どっちでもないタイム

【A studio】

b0100510_16552326.jpg

金曜23時から放送の【A studio】
毎回訪れるゲストと鶴瓶さんとのトークが素晴らしい!と私は思う。
毎週(興味のないゲストでも)必ず見てます。(そして泣いちゃうんです。f^^)
普通のトーク番組と違うのは、台本や巷で得た情報でトークするのではなく、鶴瓶さん自身がゲストにまつわる人や場所など数箇所へ取材に行き、そこで聞いたこと、感じたことなどを交えてトークするので、ゲストの普段知らないような一面も見れるし、何より感動するんです。
江口洋介さんの回には実家でご両親と話したり、幼なじみ達と昔バイクで走った場所を一緒に走ったり。
いつもゲストには内緒なので最初はすごくびっくりするけど、鶴瓶さんとの会話でゲスト本人も知らないその方達の気持ちを聞いて驚いたり涙したり。。。
「こんな番組あるんですねー・・・」と驚いてました。
中井貴一さんも「すごい番組だね」みたいなこと言ってたし、
先週の水嶋ヒロくんも、母校でお世話になった監督やよき理解者である同級生と会って話をしてきた鶴瓶さんにとまどいつつ、最後には鶴瓶さんが監督から預かってきた高校時代自分が着ていたサッカーのユニフォームを受け取り、とても感動していました。
さすがに今週の木村拓哉さんは、取材範囲も限られてるため(芸能関係者のみ)サプライズ的なものはなかったけど、明石家さんまさんとの話は2人の友情を感じさせる話でグッときました。
鶴瓶さんのバラエティの司会はあまり知らないけど、笑いを交えながらじっくりゲストと話すトーク番組の司会は好きなので、長く続いて欲しい番組の一つです。
[PR]
by takagame | 2009-05-25 16:55 | どっちでもないタイム

WBC

b0100510_17343742.jpg

日本はヤッたね!
ちょっと心臓には悪かったけど、結果がよかったので全てヨシだわ。
さすがイチローヽ(゜▽、゜)ノ
[PR]
by takagame | 2009-03-24 17:34 | どっちでもないタイム

長瀬月間

b0100510_9135092.jpg

映画『ヘブンズ・ドア』のPRのため、あちらこちらで長瀬くんを見ますが、中でも気心知れたジャニーズ番組でのハッチャケぶりがイイですね(*^_^*)
「ハッチャケ」というより、ありのままに近い状態?
TOKIOの中ではよく「自由人」だと言われてますが、天然なのに場の空気が読めて気の利いたコメントも言える自由人。面白くてワイルド!
そりゃモテるわな。

『食わず嫌い』では亀梨さんと同じ「レーズン」
理由も同じ「干さなくていいだろ」
に思わず笑顔。

『嵐の宿題くん』では3人がかりで持った特大ハンバーガーや、シシカバブを丸ごとかぶりつく野生児っぷり。
ジェスチャーゲームでは小学生顔負けの子ども返り。

極めつけは『正直しんどい』
剛くんとオープンカーで湘南散策。
安くて美味しいもの食べたり遊んだりした後の、2人の会話がよかったですね。
長瀬「好きなグラビア女優だれ?」から始まった男子トーク。
「好きな女優さんやグラビア女優さんでその人の人間性がわかる」珍しい特技を持つ長瀬が剛に詰め寄るも、
剛「グラビア雑誌自体見ないからなぁ」
長瀬『もうね、その素晴らしさを剛に伝えたい。』
剛「普通の子がいい」「タイプ…わからへん」
長瀬『でも‘この子はどんな子かな’って想像は膨らませるじゃない』
剛「そこまでいかへんねんなぁ・・・」
長瀬『いかないの!?妄想しよーぜ!!!』
「人を好きになる感覚も忘れた」光一くんにも同じこと言ってそうな長瀬くん。
そんなトークの後の、お題なしの即興ギターセッションは さすが!
思いつきのくだらない歌詞と素晴らしいギターのギャップがまたいい(*^-^)b
最後も女性ファッション雑誌の文面をラップにし、大爆笑の中お開き。
天然おバカキャラだった10代から15年の成長がめざましい彼。
娘も「面白くって好きになりそうやった」しんどいの長瀬智也でした。

残念なのは「MTV Unplugged」の長瀬くんが観れなかった件。
WSでちょっと見れただけだったな(;_;)
ミュージシャンとしても素晴らしい才能を持ってます。
[PR]
by takagame | 2009-02-11 23:59 | どっちでもないタイム

『オンリーワン』

b0100510_2291633.jpg先週の【SONGS】は槙原敬之。
もちろん代表曲「世界に一つだけの花」も歌ったんだけど、その時のインタビューが印象に残りました。
賛否両論あるであろう『オンリーワン』。
近年よくある傾向の、安易に受け取られる「オンリーワン」のつもりでマッキーも書いたとは思っていなかったけど、本人の口からその思いを聞けたのはうれしくもあり、また複雑でもありました。

『比べることがいけないと思った人が運動会の順位をつけないとか、そういうことをいちがいに歌ってるんじゃないんです。
競争したっていいんです、相手を傷つけなければ。
オンリーワンが間違った、浅はかな感じになってるのが嫌だったので、これはずっと歌い続けていこうと決めた。』


「自分は自分でいい」「ありのままでいい」という意味を履き違えている人は少なくない。
でも、作品の受け取り方は人それぞれ自由でもある。
それが作者のその作品に込めた想いとは違う方が多いとなれば、作者はどんなにもどかしいだろう。
歌詞の意味を全く理解できない小さな子供でも口ずさむこの歌は、それだけの魅力があり、きっとこれからも歌い継がれていくのだろうから、

『年齢と経験を重ねるごとに「世界で一つだけの花」が深く響く。この歌を生涯かけて歌い、本当の意味に触れていきたいと思っています。』

マッキーの想いがたくさんの人に届いて欲しいと願わずにいられません。
[PR]
by takagame | 2008-11-22 23:16 | どっちでもないタイム

音を楽しむ

b0100510_22135614.jpg
午前中、週末録り溜めた録画番組を見てました。
【SONGS】矢野顕子×糸井重里
【僕らの音楽】ポルノグラフィティ×パフューム
どちらも良かった♪
ポルノはTVでも2人で喋るときは広島弁になりますね。
相手がパフュームだから余計なんだろうけど、2人の広島弁を聞くと因島の風景が頭に浮かび、微笑んでしまいます。
矢野顕子<♪変わるし♪をマーク・リボーとセッション>
ポルノ<♪アゲハ蝶♪をcobaとコラボ>最高でした!

演奏してるみんながとても気持ち良さそうで、見ていて「音楽っていいなぁ」って思わせてくれました。
[PR]
by takagame | 2008-11-10 22:23 | どっちでもないタイム