広島生まれ滋賀在住。   『毎日Enjoy!』をモットーに日々笑顔で過ごそうと心がけてる、ぐ~たら主婦&おおらか母の【今日のできごと】 (KAT-TUN亀梨和也によって第二の青春謳歌中!)


by takagame
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ジャニ ( 27 ) タグの人気記事

フィルフェス

b0100510_10262416.jpg

随分の時間差で大阪にやってきた「ジャニースフィルムフェスタ」。
娘と行ってきました。
思ったより長時間だったけど、思ったより面白くて、思ったより亀梨さんが登場して、楽しい時間でした♪


連休明けに家庭訪問があるのに、予定が入りすぎてて家の片付けがヤバイ!
街ブラ込みの娘とは時間差で出発したけど、結局なんばを彷徨いてたら帰宅すると息子は寝てる時間になっちゃいました(;´д`)
[PR]
by takagame | 2014-05-04 23:59 | 亀タイム

問題です。

b0100510_19581413.jpg

連日、ほぼ同じ時間に、全く同じ場所に座っている私。(苦笑)

さて、ここはどこでしょう?
[PR]
by takagame | 2011-08-18 19:58 | 母タイム

ポジティブダンス

b0100510_8144877.jpg

SMAPのPositive Dance。
スマップさんのこういうパフォーマンスが大好き!
朝から元気でるので聴きながら出勤準備(^ε^)♪
[PR]
by takagame | 2011-01-18 08:14 | どっちでもないタイム

SMAPカムバック

娘の塾迎えに行く時間のラジオが楽しい♪

火曜日はダイノジ。
今週は『SMAPカムバック』論。
あくまでダイノジ大谷論なんですが実に面白い。
ずっと半歩先、一歩先をいっていて面白かったSMAPが、「世界にひとつだけの花」が大ヒットしたことで、世間が求めてるものに応えるという「攻め」から「守り」のSMAPへと変わっていった。
そうなると世間の興味は薄れ、やがてパフュームや嵐の登場に沸き、大谷の中でもSMAPは終わってしまった。
しかし、ここ最近のSMAPは違う。
楽曲をとっても「そっと、きゅっと」「スーパースター」「This is Love」と“安全パイ”から“挑戦”のSMAPへ。
草なぎ君が事件後アルバムで「帰ってきた酔っ払い」をカバーしたり「スカルプD」(育毛剤)のCMに出たりして、あえてタブーに挑戦している。
極めつけは「十三人の刺客」のゴロちゃん。
あの役が出来るアイドルはいないだろう。
エンターテイメントの世界で生きていく覚悟がみえる。
SMAPが面白い。
『SMAPが帰ってきた』んだと。

そう言われてみれば確かに、私も特に2009年後半からSMAPには楽しませていただいてます。
歌も2010年のものは好きなものが多いし。
「草なぎ君の事件でメンバーが絆を深めたんだと思う」と大谷氏が言ってましたが、ピンチをチャンスにできる力があるスゴい人たちですもんね。
これから益々楽しみです☆

ラジオの中で「KAT-TUN」の名前が出て一瞬ドキッとしたけど、
「正月番組でキムタクが後輩のKAT-TUNに“お前らアイドルなんだからもっと笑顔で入って来い”って叱った時に“今年はSMAP何か違う”みたいな予感がした」っていう話題でした。
そんなKAT-TUNくんも、まさにピンチをチャンスに変えて成長しておる最中です。
ピンチ多すぎ…感はありますが(苦笑)
ピンチの分、大きくなってゆくことでしょう。
まだまだこれからのグループなんでね。
3週間先も、10年後も、楽しみです♪
[PR]
by takagame | 2010-10-29 00:18 | 亀タイム

マイケル週間?

b0100510_1815656.jpg
夜更かしできたので、今頃になってHDDに残ってた11/23放送「SMAP×SMAP」マイケルジャクソン特集を見てました。
映画を観てなかったら感じ方も違うんでしょうけど、観ちゃったもんで最後には泣いてましたよ(^^;)
中居さんの目がキラキラしてて、まるで憧れの人に会えた少年のようでした。
『マイケルを好きでよかった』
マイケルに涙したって言うより、中居さんに涙しました。
[PR]
by takagame | 2009-12-02 01:59 | どっちでもないタイム

スパースター☆

b0100510_0524148.jpg

今週月曜スマスマの放送から一日に一回は見てる、
SMAP NEW SINGLE 『スパースター☆』

両A面の『そっときゅっと』も優しく歌ってしっかり踊るんで好きでよく見てるんだけど、
今回の『スパースター☆』にはやられちゃったなぁ!

可愛くてカッコ良くて目が離せない♪
きっと歌を聴いただけだったら何も感じなかったと思うんだよね。
やっぱりこのパフォーマンスがあってこそ!
国民的アイドル、エンターテイナーです!!!

SMAPの踊りも(KAT-TUNと同じで)メンバーの個性が強すぎて「振りが揃わない」ってよく聞くけど、揃わなくてもそれぞれがちゃんと踊ってて、それぞれが面白くて楽しくて素晴らしい☆

踊り終わったあとへたり込んだ30代5人がステキでした。

まさしくスーパースター★(^-^*)
[PR]
by takagame | 2009-09-04 00:52 | どっちでもないタイム

長瀬月間

b0100510_9135092.jpg

映画『ヘブンズ・ドア』のPRのため、あちらこちらで長瀬くんを見ますが、中でも気心知れたジャニーズ番組でのハッチャケぶりがイイですね(*^_^*)
「ハッチャケ」というより、ありのままに近い状態?
TOKIOの中ではよく「自由人」だと言われてますが、天然なのに場の空気が読めて気の利いたコメントも言える自由人。面白くてワイルド!
そりゃモテるわな。

『食わず嫌い』では亀梨さんと同じ「レーズン」
理由も同じ「干さなくていいだろ」
に思わず笑顔。

『嵐の宿題くん』では3人がかりで持った特大ハンバーガーや、シシカバブを丸ごとかぶりつく野生児っぷり。
ジェスチャーゲームでは小学生顔負けの子ども返り。

極めつけは『正直しんどい』
剛くんとオープンカーで湘南散策。
安くて美味しいもの食べたり遊んだりした後の、2人の会話がよかったですね。
長瀬「好きなグラビア女優だれ?」から始まった男子トーク。
「好きな女優さんやグラビア女優さんでその人の人間性がわかる」珍しい特技を持つ長瀬が剛に詰め寄るも、
剛「グラビア雑誌自体見ないからなぁ」
長瀬『もうね、その素晴らしさを剛に伝えたい。』
剛「普通の子がいい」「タイプ…わからへん」
長瀬『でも‘この子はどんな子かな’って想像は膨らませるじゃない』
剛「そこまでいかへんねんなぁ・・・」
長瀬『いかないの!?妄想しよーぜ!!!』
「人を好きになる感覚も忘れた」光一くんにも同じこと言ってそうな長瀬くん。
そんなトークの後の、お題なしの即興ギターセッションは さすが!
思いつきのくだらない歌詞と素晴らしいギターのギャップがまたいい(*^-^)b
最後も女性ファッション雑誌の文面をラップにし、大爆笑の中お開き。
天然おバカキャラだった10代から15年の成長がめざましい彼。
娘も「面白くって好きになりそうやった」しんどいの長瀬智也でした。

残念なのは「MTV Unplugged」の長瀬くんが観れなかった件。
WSでちょっと見れただけだったな(;_;)
ミュージシャンとしても素晴らしい才能を持ってます。
[PR]
by takagame | 2009-02-11 23:59 | どっちでもないタイム

TOKIO~SONGS~

b0100510_16113425.jpg本放送は昨年末のTOKIOの『SONGS』。
録り逃してしまったので、昨日再放送を見ました。
CDデビューから、今の「自分たちの音楽だ」と胸を張って言えるTOKIOになるまでの15年の間には、ジャニーズの中でTOKIOもまた、自分たちの道を作ってきたんだなぁ・・・と思いながら聴いていました。

「自分たちのやりたい音楽と違う」
そう意を決してメンバーが事務所に伝えた時に返ってきた言葉は、
「じゃ、レギュラー番組全部やめなさい」
事務所側としても嬉しい意思表明だとは思うけれど、それを「はいはい」と聞いてたのでは決していい答えがでるとも限らないんだろうし、今のように本人たちのやりたいことがやりやすい状況でもはなかったことが、その言葉にうかがえます。
レコード会社を変わりながら少しずつ自分たちの音楽が発信できるようになった頃、ヒット曲となって波に乗れた20004年リリース『AMBITIOUS JAPAN!』
それまでTOKIOの音楽に耳を傾けることはなかったけど、この曲はほんとによく聴いたな。
作詞が「なかにし礼」ってことだけで驚いてたのに、その後の『宙船』には姉妹で度肝を抜かれ、どんどんTOKIOの音楽に魅了されていったのを憶えています。
(もともと、うちの実家では母、姉も山口くん好きで、私は俳優長瀬智也が好きなので、TOKIOは好きなんだけど、音楽は聴いてなかったっていう・・・)
ミュージシャンTOKIOの凄さを垣間見た【SONGS】でした。

この番組を見る数時間前に、オリコンでDVDチャート1位になった関ジャニがインタビューを受けた記事を読んでたんですが、その時に村上くんが
「先輩が作ってくれた道があって、自分たちがこうしているので、先輩に感謝したい」
と言ってたんですね。
先を行く人たちが道を作ってくれたからこそ、自分たちの道が開けたりもする。
TOKIOのようにデビューしてから敷かれたレールを走るのに違和感を覚えるパターンもあれば(10代に寄せ集められてデビューする組はほとんどそうだと思うけど)、
KAT-TUNのように結成からデビューまでが長かったりすると、デビュー前には自分たち発信で走っていた(つもり)のに、急にレールに乗せられて「恵まれてる」とはわかっていても納得いかないパターンもあり・・・。
そんな状況の中で(例えば海外へ留学できるなどという)今の環境は、先輩たちが作ってくれたんだなぁ、とつくづく思います。

大きな道を作ってくれた先輩に感謝しながら自分たち独自の道を切り開いていく、そんな彼らの姿をこれから先も見ていきたいです。
[PR]
by takagame | 2009-01-08 17:07 | 亀タイム

癒やしアイテム

b0100510_17533370.jpg

時々会いたくなる「人」がいますが(あ、「役」の話ね^_^;)
ここのところずっとこの人なもんで…
作っちゃったよ。
『黒沢明彦スペシャル@anego』

休日に何やってんだか…σ(^-^;)
[PR]
by takagame | 2008-10-18 17:53 | 亀タイム

『流星の絆』

b0100510_23153095.jpg

ニノって、
やっぱすごいんだなぁ…。
[PR]
by takagame | 2008-10-17 23:15 | どっちでもないタイム